【AI・IoT×知的財産】知的財産権講習会(実務者編)のご案内(6/22)

今後のモノづくりにおける知財の活用
  -AI・IoT・ディープラーニング等による技術開発と権利保護について-

 モノづくりやブランド戦略等において欠かせない要素となる「AI・IoT」技術への対応は、あらゆる業種・業態において避けては通れない課題ながらも、普段は意識されることも少なく、独学での学習も難しい分野です。
 本講座では、関連技術の基礎知識の説明を始め、知的財産制度の観点から、権利取得時の留意点や権利行使の際の問題点等、事例を交えながらご説明いたします。

開催日時

 平成30年6月22日(金) 13:30~16:30

会  場

 名古屋商工会議所 3階 第4会議室(名古屋市中区栄二丁目10-19)

定  員

 40名(先着順)

講  師

 伊藤克博国際特許事務所 弁理士 鈴木 学 氏

内  容

 当日のトピックス
 ・AI 関連技術の基礎知識紹介 関連技術の基礎知識紹介
  (ディープラニング、画像認識ブロックチェ)
 ・学習済みモデルの特許適格性について説明
 ・近時のソフトウェア関連発明裁判例紹介
 上記に加え、特許事例や取得時の留意点権利行使際問題等、事例を交えながら説明いたします。

受 講 料

 (一社)愛知県発明協会・名古屋商工会議所会員・・・無料
 非会員・・・3,000円
 ※受講料はお申込の段階にて下記口座までお振込みください。

〔振込先口座〕三菱UFJ銀行 鶴舞支店 普通預金546057 一般社団法人愛知県発明協会

申込方法

 

 もしくはこちらの申込書にご記入の上、FAX(052-221-7964)でお申込みください。

問合せ先 / 一般社団法人愛知県発明協会(名古屋商工会議所 産業振興部内)

 新木(TEL/052-223-5640)